消費者金融でキャッシングする前に知っておきたい金利や審査





初めて消費者金融でキャッシングする前に知っておきたい金利や審査
 » トップページ

消費者金融でキャッシングする前に知っておきたい5つの事

1. 審査はまず嘘がないかを確認される!
消費者金融を利用する前に知っておきたいことがいくつかありますのでここで紹介しておきます。初めて利用する人はこれらをおさえておくことで不安なく気持ちに余裕をもって利用することが可能になります。 まず利用するにあたり、借入の審査がありますが具体的には在籍確認というものがあります。これは現在の収入の形がアルバイトか会社かなど分かりませんが、申し込む際に勤め先などを記載するのですが、その情報に嘘がないかどうかを確認するものと覚えておきましょう!
2.ネットで最短で30分で審査が終わるアコム!
消費者金融のアコムは申し込み時の年齢が満20歳以上で給与収入など安定した収入および返済能力をもち、尚且つアコムの基準を満たす方を貸付対象としています。申し込みはインターネットからも可能となっており、最短30分で審査回答されるので即日利用することも可能となっています。契約後の利用限度額に関しては1万円?500万円までとなっており、貸付利率は4.7%?18.0%(実質年率)です。また、返済方式は定率リボルビング方式での返済となります。
3.最大で借りられるのは年収の1/3まで!
消費者金融の記載には限度額が幅広く設定されていて最大で500万円など設定されている業者もありますが、ほとんどの人は上限での融資は不可能でしょう。その理由としまして、貸金業法で定められている総量規制という法律が入っている為です。総量規制によって年収の1/3までしか借入が出来なくなってしまいました。ですので、借入の上限金額は個人差がありバラバラになるのです。その為、500万円の借入をしたいとすれば総量規制が定める年収の1/3が上限ですから、1,500万円の年収が必要となってきます。ほとんどの人にとっては年収が1,500万円もあれば、それほど借りる必要性はないと言えます。
4.借入限度額を年収から逆算
消費者金融を利用する際に、いくらまで借りる事が出来るのかが問題となります。最大いくらまで借りる事が出来るのかを把握しておかないと、いざ申し込みをして審査は通ったけど、来月には50万円ぐらいは借りたいと思っていたのに総量規制のおかげで借りられないなどの問題になることもあります。また、消費者金融業者によって上限金額は変わりますから、必要金額によって上限金額を見なければいけません!総量規制がありますから、まずは簡単にでもいいですので年収を計算しておくと良いかもしれません。
5.カードローンに比べて金利は高めの傾向
給料日までまだまだ日数があるのに、いきなり友人からの結婚式の招待が来たり、知人や親戚の葬式などでいきなりお金が必要になることって経験ありませんか?消費者金融では当日、即日でお金を借りる事も可能です。友人や身内にお金を借りるのにも距離を置かれたりする可能性もあるため中々言いづらい人もいます。そんな時に消費者金融を利用するべきでしょう! 消費者金融は銀行系のカードローンに比べると審査は比較的にゆるいですが、その分金利は高い傾向にあります。消費者金融を利用したのがきっかけでキャッシング癖がついたり、金利が原因で中々元金が減らずにダラダラと返済を続けている人もいますので、利用する前に注意しておきましょう!

お金で困っているなら

今ではテレビで、「借金返済で困っている人は、債務整理で解決しましょう。◯◯法律事務所なら安心です。」みたいに流れていますが、債務整理と言っているのは、借入金を精算することなのです。 費用なしで相談に対応している弁護士事務所も存在しますので、それをウリにしている事務所をネットを介して見い出し、早々に借金相談すべきだと思います。 契約終了日になるのは、カード会社の職員が情報を改変した時から5年間だと教えてもらいました。要するに、債務整理をした人でも、5年という時間が経てば、クレジットカードが持てる可能性が出てくるわけです。 債務整理の対象となった金融業者においては、5年間という歳月経過後も、事故記録を引き続き保持しますので、あなたが債務整理手続きをした金融業者を通じては、ローンは組めないと理解しておいた方がいいと思います。 目を通して頂いているWEBサイトは、借金問題で困惑している方々に、債務整理を巡る価値のある情報をご提示して、すぐにでもリスタートできるようになればと思って始めたものです。 多様な債務整理の仕方が見られますから、借金返済問題はきっちりと解決できると断定できます。何があっても極端なことを考えることがないように意識してくださいね。 中・小規模の消費者金融を調べてみると、顧客の増加のために、全国規模の業者では債務整理後という事情で貸してもらえなかった人でも、まずは審査を引き受け、結果を見て貸してくれるところもあるようです。 契約終了日と規定されるのは、カード会社の従業員が情報を登録し直した日にちより5年間です。すなわち、債務整理をしようとも、5年間待てば、クレジットカードが使用できる可能性が高いと言ってもいいのです。 多重債務で参っているなら、債務整理によって、現在の借金を縮減し、キャッシングの世話にならなくても通常通り暮らして行けるように精進することが必要です。 早期に対策をすれば、長期戦になることなく解決に繋がるでしょう。一刻も早く、借金問題解決の実績豊富な弁護士に相談(無料借金相談)することをおすすめします。 任意整理におきましては、他の債務整理とは異質で、裁判所が調停役になることを要さないので、手続きそのものも容易で、解決に要されるスパンも短くて済むことが特徴だと言えるでしょうね。 債務整理関係の質問の中でその数が多いのが、「債務整理を終えた後、クレジットカードは作成できるのか?住宅ローンをお願いすることはできるのか?キャッシングはずっとできないのか?」です。 クレジットカード会社にとっては、債務整理を実行した人に対して、「間違ってもお金は貸したくない人物」、「被害を与えられた人物」とするのは、致し方ないことですよね。 借入金を返済し終わった方からしたら、過払い金返還請求に踏み切っても、損失を受けることは皆無だと断言します。違法に徴収されたお金を取り返すことができます。 「私の場合は支払いも済んでいるから、無関係に決まっている。」と決めつけている方も、計算してみると想像以上の過払い金を手にすることができるなんてこともないとは言い切れないのです。

お金を借りること

お金が急に必要となった時、お金を借りる必要となった時、どんな方法でお金を借りるのでしょうか。親族や友達から借りる方法もあります。また、消費者金融などでキャッシングもあります。クレジットカードによるキャッシングもあります。また、土地などを担保に銀行などからお金を借りる方法もあります。様々な方法で現金が手元に入ります。